【日向坂46】加藤史帆×佐々木美玲、3/2・3/9放送のフジテレビ『深夜喫茶スジガネーゼ』に新人バイト役として出演。

奥田民生&ABEDON、公開収録でぶっちゃけ「X JAPANは怖かった」

ロックバンド・氣志團の綾小路翔とシンガーソングライターの森山直太朗がMCを務めるフジテレビのトークバラエティ番組『深夜喫茶スジガネーゼ』の公開収録が25日、同局湾岸スタジオで行われた。

東京・港区白金台の近くにある…筋金台にひっそりと佇む喫茶店を舞台に、綾小路がマスターを務め、森山がアルバイトという設定で、毎回筋金入りのスジガネーゼなゲストを招いてトークを展開していく同番組。2014年10月に放送を開始したが、今回が初の公開収録で、ゲストには、スジガネファミリーの鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)に加え、ユニコーンの奥田民生とABEDONを迎えた。

森山は開演前の影ナレで番組名を「深夜キッセ」と噛み、綾小路は本番中に奥田のことを「あみおさん」と呼んでしまうなど、大御所の登場に緊張の様子。さらに、綾小路は「カンペが全然読めない」という状態で、新人バイト役で出演した日向坂46の加藤史帆と佐々木美玲が、脱線するトークをたびたび台本どおりに軌道修正する大役を担った。

日向坂の2人は他にも、お酒を作る綾小路を「頑張って!ファイト!」と応援したり、DJ OZMAの話題になると「オズマって何ですか?」と直球質問して会場を沸かせたり、ユニコーンの2人を前に「お母さんに電話したらすごい興奮してました」(佐々木)と報告したりと大活躍。終演後、取材に応じた森山は「即座の返しだったりは芸達者だなと思いました。だから2人組でデビューされてもいいんじゃないかな。コンビ名は“フォークダンスDE日向坂”(笑)」と絶賛だった。

写真・記事全文はこちら
引用:マイナビニュース

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。